オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

音のバランスを考える

演奏には主役と脇役がある

ポートレートを撮影するときは「人物」にピントを合わせて「背後」をぼかします。これは人間がものを見ているとき、中央をハッキリ見て、周囲は比較的ぼんやりと見えている状態を、写真に取り入れた方法です。このように撮影すると、人物はよりリアルに感じられます。

演奏も同じで「ハッキリ聞こえる音(主役)」と「ぼんやりと聞こえる音(脇役)」は、明確に分かれています。

オーディオ機器の音質改善は「それまで聞こえなかった細かい音がハッキリ聞こえること」と考えられがちですが、その時に気をつけなければならないのが「本来ハッキリと聞こえてはいけない音(脇役の音)」を明瞭にし過ぎないことです。

良い演奏、心地よい演奏とは、主役と脇役が入れ替わりながら、運動を繰り返します。主役と脇役の入れ替わりより鮮やかで、それぞれが上手く解け合うと、美しいハーモニーが形成されます。

それまで聞こえていなかった音は、もしかするとハッキリと聞こえるべきではなかった音なのかも知れません。

音の輪郭成分に注目する

音がハッキリと聞こえるのは、高音がしっかり出ているからです。楽器を演奏するとき、アマチュアとプロフェッショナルの最も大きな違いは「音の立ち上がりの早さ(アタック)」です。交響曲でコンサートマスタ−(指揮者の横に立っているソロバイオリニスト)の一台のバイオリンの音が、それよりも遙かに数の多い伴奏担当のバイオリンよりもハッキリと聞こえるのは、この「アタック」の違いによるものです。

ストラドバリ、ガルネリ、など名器と呼ばれるバイオリンの音は、例外なく「高域の立ち上がり」が早く、アタックがしっかりしています。測定的には小さな音が、大きな音の楽器よりも「ハッキリと聞き取れる」のは、高域がしっかりと出るからです。このアタック成分のことを「音の隈取り」と呼んでいます。また、楽器の音は基本周波数(基音)とその倍数(倍音)に音のエネルギーが集中しています。これを「倍音構造」と呼んでいます。楽器の音を明瞭に聞かせるためには、高域の倍音を強く出すことが重要です。エレキギターのベース音にメリハリを付けるためには「8kHZ付近の音」を持ち上げば良いことが知られています。それは、この付近周波数で私達は「音の明瞭度」を感じ取っているからです。

絶対的な音量ではなく、音が大きくなる速度が大切

私達は緩やかに大きくなる刺激よりも、急激に大きくなる刺激をより強く感じます。同じ強さの刺激を与えるとき、先端が丸いものよりも、先端が尖ったものの刺激がよりハッキリ感じられるのも同じです。この現象を音に置き換えて考えると、鼓膜を緩やかに動かす「振幅の大きな音波」の刺激は小さく、鼓膜を瞬時に鋭く動かす「パルス性音波(圧力の高い音波)」の刺激をより強く感じるはずです。

オーディオ機器の接続ケーブルを交換したとき、音量を変えていないのに「音が大きく聞こえるようになった」経験はありませんか?これは、ケーブルを交換したことで音の明瞭度を向上させる高域の成分が、より正確に再現されているからです。つまり、立ち上がりが早く本来ハッキリ聞こえなければいけないはずの音が、オーディオ機器の過渡特性の問題で、ハッキリと聞こえていなかったのです。

明瞭度が正確に再現されれば、主役と脇役の違い、音の変化の大きさがより強く(大きく)感じられるようになり、同じ演奏がより躍動的に楽しく聞こえるようになります。

もっと明瞭度が高い音は、パルス音波

では、楽器の中で最も「明瞭度が高い楽器」はどのようなものでしょう?

JAZZではシンバルの音、交響曲ではトライアングルの音が最もハッキリ聞こえます。それはそれらの楽器が発生する音(音波)が最も鋭い(圧力が高い)からです。

金属を打ち付けて音を出す楽器は、「剛性の高い金属が高速で振動する」ことで音を発しています。この時、金属内部を振動が伝播する速度は「1000Km/hと音速の2倍以上早く」、金属表面もそれに近い速度で振動しています。高速で振動している金属表面に接している空気は、恐るべき早さで「圧縮」され、パルス状の強い圧力を持つ音波が発生します。

また、このような音速を超える速度で急速に圧縮された音は、レーザー光線のように「距離によって減衰しなくなる」という特徴を持ちます。遙か上空を飛ぶジェット戦闘機の排気音で「家屋のガラスが振動する(割れる)」のは、音速を超えた「パイパーソニック」が発生し、音波が減衰せずに地上に届いているからです。

楽器が発生した音をスピーカーで再生するには、楽器が発生する「ハイパーソニック」も再現しなければなりません。しかし、一般的なスピーカーの高音発生装置(ツィーター)は薄い膜が使われているため、楽器ほど空気を瞬時に強く圧縮できません。それが、オーディオ機器の音が、「楽器本来の音の生々しさを失う」大きな原因となっているのです。

楽器から高音が発生する仕組み

ここで、楽器から高い音が出る仕組みと、スピーカーから高い音が出る仕組みを比較してみたいと思います。楽器は、先ほど例にあげたトライアングルで考えます。

トライアングルの表面は高速で振動していますが、この振動モードは「金属表面が波打つ(波動モーション)」で、スピーカーのユニットのような「ピストンモーション」ではありません。先ほども説明したように、高速で波打つ金属の表面に接している空気は急激に圧縮され、圧力の高い音波(パルス波)を発生します。しかし、一般的に使われている「薄い膜をピストンモーションで動かすツィーター」をでは、振動体の強度が不足するため、楽器のような「パルス性を帯びた圧力の高い音波」を発生させることは物理的に不可能です。

スピーカーで使われている「薄い膜(ツィーター)」のような仕組みは、トライアングルを始めとしてバイオリンなど「高音を発する楽器」にはありません。楽器からの高音が発生するときには、必ず「波動モーションによる強い圧力の音波」が含まれています。

波動ツィーターの発明

最近はハイレゾやDSDが高音質とされ、既存のスピーカーに追加することで100kHzまでの高音を発生できる「スーパーツィーター」が発売されています。しかし、これらのツィーターは「圧力の高い音波」を発生しないので、根本的な問題を解決できません。そればかりか、スーパーツィーターを付け足すことによる「高域のエネルギー増加」が逆に音質のバランスを損ね、音質を不自然にしてしまうのです。
この問題を解決するために、逸品館が発明したのが「波動ツィーター」です。このツィーターは、剛性の高いカーボンの板を波動モーションで振動させることで、トライアングルやシンバル、あるいはバイオリンのように「楽器が高音を発生するのと同じ仕組み」で高音を発生させ、従来のツィーターでは不可能だった「圧力の高い音波=音の輪郭情報」を再現します。

このツィーターを追加することで、あなたのスピーカーからは「楽器のように生々しく鮮やかな音」が発生するようになります。さらに「それまでは感じられなかった細やかな楽器の音の変化」や「トライアングル、シンバル、バイオリン、トランペットやサックス」など、あらゆる楽器の音が「より生々しく再現」されるようになります。

輪郭成分「アタック」が明確になることで、高音の伸びやかさや明瞭度、音の方向性や動きの早さが改善されるだけではなく、低音楽器のリアリティーも大幅に向上します。

 AIRBOW 波動ツィーター CLT-5 (詳しくはこちらをご覧ください

音楽は難しくない

1. 人間はみんな音楽の天才だ

2. 本物の感動とは

人間の音の聞こえ方

1. 聞こえ方には個人差がある

2. 耳はトレーニングで鍛えられる

3. 人間はどのようにして音を取捨選択しているか

4. 音のバランスを考える

究極の音質を目指して

1. 音楽の力、オーディオの力、

2. 原音忠実再生は、オーディオのゴールではない

3. 音の細かさと、音色の鮮やかさの関連について

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.