オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

原音追求再生はオーディオのゴールではない

現在のオーディオを取り巻く状況には多くの問題がある 

最近「レコード」がにわかに注目を集めています。また、CDには収録できない音が聞ける高音質なものとして「ハイレゾ」や「DSD」が注目されています。

しかし、ちょっと待ってください。

CDは「レコードよりも音が良い」とされ、ハイレゾ=DVDオーディオ、DSD=SACDは、結局普及することなく姿を消しつつあるのです。

では、これらの「風評」は誰が立てているのでしょう?

それは「オーディオ機器の製造メーカー」です。

彼らが製品を売りたいときに唱える呪文は「高音質」です。けれど、振り返ってみても彼らの言う「高音質」は実に「日和見的」で「科学的根拠」がありません。

もちろん、今あるオーディオは「製造メーカーの宣伝」によって、一般化したことは事実です。けれど

しかし、「科学的根拠」だけでなく「芸術性」もないがしろにして、製品を売ろうとするのもまた、製造メーカー(大企業)なのです。

綺麗事ばかりで生きて行けるわけではありませんが、無垢な気持ちで音楽やよい音を求めるお客様を「新技術(新製品)の実験台」にしたり、金儲けのための食い物にしていいはずがありません。業界全体に「音楽に我が身を捧げる」という強い情熱が見られず売上優先の風潮が蔓延しています。新聞・雑誌などの有力メディアですら、間違った問題提議や解決方法・意味のない風評を煽り立て、消費者を惑わせる有様です。これが、オーディオという素晴らしい文化が抱える一番大きな問題だと思います。

「記録」と「芸術」の違い

メーカーが「高音質」と並べて唱える呪文は「原音により近い」です。

しかし、オーディオ機器はどれほど進歩しても「原音」を忠実に再生することができません。

これは科学的な事実です。

「記録」と「芸術」の違いを考えましょう。

「記録」とは、ありのままを変えずにそのまま残すことです。「芸術」とは、現実をよりわかりやすく、あるいは意味深く伝えるために必要な情報と、そうでない情報を人間が「取捨選択」することです。

生演奏は録音されるときに、レコーディングエンジニアの手で「取捨選択」が行われます。さらにそれを再生する時に「リスナー(あなた)」の手で、再び「取捨選択」が行われます。

「取捨選択」により、現実が芸術に昇華するのであれば、原音を芸術的に正しく「取捨選択」することで、オーディオは「生演奏」よりも意味深く、高い芸術性を発揮することができます。

これをより正しく理解して発達したメディアがあります。

それは「映画」です。

「映画」は「舞台の記録」ではなく、「映画の表現チャンネル」を使った新しい表現方法として発達しました。

「映画」を「現実の記録」として、考える人は誰もいません。

なぜ「オーディオ」だけが、いつまでも「生演奏の記録」とされているのでしょう?実に不合理で、おかしなことだと思います。

オーディオは「生演奏の記録」という呪縛から説かれ、新しい「表現方法」と認められたとき、オーディオは原音(生演奏)を超えられます。

オーディオの価値は価格では決まらない

逸品館はオーディオ機器を「人と人を繋ぐもの」として考えています。高価な代価を払えば、より密接に人と繋がることができるのでしょうか?つまり、高額なオーディオ機器であればあるほど音楽的な感動が深まるのでしょうか?私はそうは考えていません。
ミュージシャンがスタジオで録音するとき「目の前に聴衆」はいません。私達がオーディオで音楽を演奏するとき「目の前にミュージシャン」はいません。けれども「ミュージシャンの伝えたい」という想いと、オーディオマニアの「聞きたい」という想いがひとつになれた瞬間、オーディオ機器は演奏者の魂と、リスナーの魂を繋ぐことのできる存在になるのだと私は考えています。
それを決めるのは「想い」の大きさや重さであって、決して価格ではないのだと思います。

音楽は難しくない

1. 人間はみんな音楽の天才だ

2. 本物の感動とは

人間の音の聞こえ方

1. 聞こえ方には個人差がある

2. 耳はトレーニングで鍛えられる

3. 人間はどのようにして音を取捨選択しているか

4. 音のバランスを考える

究極の音質を目指して

1. 音楽の力、オーディオの力、

2. 原音忠実再生は、オーディオのゴールではない

3. 音の細かさと、音色の鮮やかさの関連について

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.