オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

Luxman CL-38uL MQ-88uL 真空管 プリアンプL パワーアンプ 音質 比較 評価 レビュー 試聴 90周年記念 90台限定モデル 音質 比較 試聴 評価 テスト レビュー 販売 価格

 PMA-SX11 DCD-SX11 音質試聴テスト

その他の音質テストはこちら

  

2015年10月、DENONから新型プリメインアンプ「PMA-SX11」とCDプレーヤー「DCD-SX11」が発売されました。これらのモデルには、すでに発売されている上級モデル「PMA-SX1」、「DCD-SX1」の主要な技術に加え、最新の技術が追加されています。今回は、スピーカーにTAD CE1を組み合わせて「RCA接続」と「バランス接続」の音質を聞き比べました。

PMA-SX11の主な特長

PMA-SX11には、上級モデルPMA-SX1と同じDENON伝統の「UHC-MOS シングル・プッシュプル回路」が搭載されます。トーンコントロール回路を持たない、シンプル&ストレート思想などはSX1とSX11で共通しています。

SX1との違いは、SX1が左右/+、ーの合計4個の出力回路を搭載する(BTL/バランス構成)のに対し、それがSX11では左右各1個の合計2個に省略(アンバランス構成)されていることです。

アンバランス出力回路

バランス出力回路(BTL)

出力が上昇するとき(グラフが+側に動くとき)は、+側に電源電圧がかかるが、出力が下降するとき(グラフが−側に動くとき)は、−側に電源電圧はかからない(自然に電圧が落ちる=パッシブ)。

出力が上昇するとき(グラフが+側に動くとき)は、+側に電源電圧がかかり、出力が下降するとき(グラフが−側に動くとき)は、−側に電源電圧がかかる(電圧は強制的に落ちる=アクティブ)。

それぞれのアンプの最大出力は「SX1=50W」で「SX11=120W」とされていますが、同じ回路を同じ条件(電圧)でバランス動作させた場合、アンバランス動作の2倍の出力が得られます。したがって計算上、SX1の出力はSX11の2倍「SX1=240W」でなければなりません。それが計算通りにならないのは、UHC-MOSの発熱が大きいため、SX1のサイズでは240W出力に耐えるスペース(放熱板サイズ)が取れないため、電圧を低くして出力を抑えているからだそうです。

また上の図のように、バランス出力回路(BTL)は、電圧が上昇するときも、下降するときも、電源電圧がかかる(スピーカーユニットを強制的に止めようとする働きを持つ)ため、パワー感やリニアリティーなどの点でアンバランス出力回路よりも有利だとされています。しかし、SX1の電源電圧がSX11よりも低いことで、必ずしもSX1の音質がSX11よりも有利だとは限りません。この点を試聴時に確認したいと思います。

DCD-SX11の主な特長

DCD-SX11には、上級モデルと異なるドライブ・メカニズムか使われていますが、これはコストの制限によるものだと思われます。しかし、デジタル回路は、SX1よりもサンプリング周波数、量子化ビット数共に上回る、384kHz/32bit対応となっています。この改善に伴い「アルファ・プロセッシング」も384KhZ/32bit対応の「Advanced AL32 Processing Plus」へとアップグレードされました。USB入力もDSD 11.2MHz、PCM 384kHz/32bitへとアップデートされています。

面白いのはCD/SACDだけではなく、DSDデーターや192kHz/24bitまでの音楽データーを記録したDVDR/RWディスクと、48kHzまでのサンプリング周波数の音楽データーを記録した、CD-R/RWディスクの再生にも対応することです。

USBメモリーやスマートフォン(iPod)などに対応する、USB TYPE-A入力も備わっていますが、入力端子が「背面」に備わるので、それが前面に備わるmarantz製品ほど使いやすくありません。そのため、DCD-SX11には、50cm程度のUSB延長ケーブルが付属しています。音質的にはあまり面白くない、この端子の位置は「前面パネルに穴を開けたくない」という、ユーザーの希望に応えるためだと言うことです。

試聴環境

 スピーカー:TAD CE1(お問い合わせはこちらからどうぞ

テスト概要紹介画像

試聴ソフト (CDからリッピングしたWAVファイルを編集して記録した、CD-Rを再生)

Della
「せせらぎ」

Decca
「Your Best Tunes」

Grace Mahya
「Last Live at DUG」

noon
「500 Miles」

DENON
「新世界」

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。

どこかで聞いたことがある。そんなクラシックを集めたソフトです。弦楽セレナードを聴きました。

試聴によく使います。録音が最高!もちろん演奏も素晴らしいです。

音質と演奏に優れる楽曲が集められたダイジェスト盤です。"500Miles/noon"を聞きました。

ワンポイントステレオマイクで録音された、良質なソフトです。納得の音質、納得の演奏。第2楽章を聞きました。

DENON PMA-SX11 メーカー希望小売価格 \380,000(税別)お問い合わせはこちら

定格出力 120W×2(8Ω)
240W×2(4Ω)
入力 PHONO(MM/MC)×1
RCA(LINE)×4
XLR×1
TAPE(入出力)×1
スピーカー出力 1系統
周波数特性 5Hz〜100kHz(-3db)
サイズWxHxD 435 ×181×506 mm
重量 27.4Kg
消費電力 380W (電気用品安全法 )
0.1/0.2W (待機時)

DENON DCD-SX11 メーカー希望小売価格 \360,000(税別)お問い合わせはこちら

アナログ出力 RCA×1、XLR×1
デジタル出力 同軸(RCA)×1
光(TOS)×1
デジタル入力 同軸(RCA)×1
光(TOS)×1
USB(TYPE-A)×1
USB(TYPE-B)×1
サイズWxHxD 435 ×137×404 mm
重量 21.4Kg
消費電力 31W(電気用品安全法))
0.1/0.2W (待機時)

RCA接続・音質評価(標準付属・電源ケーブル)・Tone Defeat(トーンコントロール回路バイパス)

せせらぎ
少し高域が強めのクッキリとした音は、DENON製コンポーネントに共通する感覚。記憶しているSX1よりも水の音の色彩感が豊かで、鳥の声の表情もバリエーションが覆いように感じられた。

セレナード
弦の分離は少し甘く、弦楽器の音が混濁して感じられる。バイオリン、チェロ、コントラバスの音色の違いも出にくい。
音の広がりも少し不満を覚える。弦楽器の再現はあまり得意ではなさそうだが、楽器の色彩感はSX1よりも豊かなようだ。

モナリザ
ギターの中音は太く、心地よい甘さを感じさせる音だが、最も高い倍音域の音が小さい(超高域がロールオフしているように聞こえる)。
ボーカルも高域が伸びきらず、少しハスキーに聞こえるが、艶っぽく、密度感は高い。
音場は中央は濃いが、左右へは広がりにくい。

500Miles
ピアノの高次倍音が抜けきらず、音に曇りが感じられる。打鍵感は強すぎる。ピアノの音は「生音」と明らかに違う。
ボーカルは「モナリザ」と同様、太くハスキーになる。
しかし、SX1よりはパワー感があり、音楽はより大きく躍動するように思える。

新世界
このソフトでも、まだ音にやや濁りがあるが、ホールで聞く弦楽器の音もそれほど透明ではないので、その濁りは気にならない。むしろ「生っぽさ」を演出してくれる。

音場は前後に深いが、左右へ音はあまり広がらない。ただし、このソフトとの相性は非常に良く、SX11は、S/N感に優れ、温度感も高い(適度)聞きやすい音で鳴ってくれる。「録音の善し悪し」には、かなり敏感だ。

XLR接続・音質評価(標準付属・電源ケーブル)・Tone Defeat(トーンコントロール回路バイパス)

せせらぎ
RCA接続よりも明らかに音が細かくなり、空気感が醸し出される。前後方向への広がりはRCA接続よりもやや小さくなったが、XLR接続では音場が左右方向へ大きく広がるようになった。

高域のクッキリ感(強調感)もほどほどに抑えられて、リラックスして「せせらぎ」を聞けるようになった。温度感もやや上昇している。

セレナード
弦の分離感が改善し、狭かった音場が広がった。パワー感や躍動感も向上し、音楽の表情が豊かになった。

モナリザ
ギターの高音が伸びて、ギタリストのデリケートな表情が再現されるようになった。ボーカルものびのびと歌っているように感じられる。
RCA接続では聞こえなかった小さな音まで再現されるようになり、演奏の「間」が出てきた。
RCA接続で聞く「モナリザ」とは、かなり印象が異なっている(好ましくなっている)。

500Miles
ピアノの音にはまだ少し曇りがあるが、打鍵の強調感は薄らいだ。ボーカルの「抜けの悪さ」も改善し、ほとんど問題がなくなった。
輪郭がやや強めで、中音はクリーミーな感覚。Luxmanに似た雰囲気の、暖かい音で500Milesが鳴った。

新世界
弦楽器の台数が増え、トランペットの「抜け」も良くなった。
透明感や広がり感が向上し、ライブ感が演出される。見通しは若干悪いが、密度感が高く、雰囲気の良い楽しめる音で新世界が鳴った。

YouTube のテスト画像

引き続き行った、TAD E1との組合せによる試聴テストはこちらからご覧いただけます

PMA-SX11/DCD-SX11 総合評価
DENONの音作りの特長を踏襲するSX11の音色は、上級モデルSX1と基本的には同じ方向です。
RCA接続は、前後方向への音の広がりに優れますが、左右への音の広がりはそれほどではなく、音場は前後方向に深い楕円形になります。
XLR接続は、前後方向はやや浅く、左右方向へは音が大きく広がり、音場は左右方向が大きい楕円になりますが、RCA接続時よりも楕円は円に近く、また音の数や密度感でもRCA接続を明らかに上回り、音の癖も小さいのでXLR接続がお薦めですが、両方繋いでそれぞれの音色を楽しんでいただければと思います。
また、記憶での比較になるので正確ではありませんが、SX11の音のきめ細かさや密度感は、上級モデルSX1とそれほど大きな差が感じられないように思います。色彩感や躍動感はSX1よりも好ましく感じられる部分もあり、コストパフォーマンスでSX11はSX1を凌ぐのは間違いなさそうです。
※この後に行った、「SX11による電源ケーブル・電源コンディショナー音質比較」でPMA-SX11は電源ケーブルを交換すると、音質が大きく向上することが分かりました。電源ケーブルの交換はお勧めのアップグレードです。

2015年11月 逸品館代表 清原裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.