オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

掲示板

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

Esoteric(エソテリック) K-01Xs K-01X K-03Xs Grandioso K-1 比較 試聴 レビュー 評価

Esoteric(エソテリック) K-03Xs、K-01X、K-01Xs、Grandioso(グランディオソ) K-1 音質比較

(ネットワーク・トランスポーター Esoteric N-03Tの比較試聴はこちらからご覧いただけます)

  

2018年3月1日より、EsotericからK-01X、K-03Xのマイナーチェンジモデル「K-01Xs」、「K-03Xs」が発売されました。

主な変更点は、電流音声出力「ES-LINK アナログ」搭載ために「出力バッファ回路」が設計変更されたこと、使用DACチップが「AK4495S」から、Grandioso K-1と共通の最新チップ「AK4497」に変更されたことなどです。また、DACのリニューアルに伴い「USB入力」の対応周波数が向上しています(下図参照:赤字が変更点です)。

K-01X 外部・内部写真
 

 

今回は、新製品「K-03Xs」、「K-01Xs」の試聴に加え、従来モデルの「K-01X」、さらに同じDACを搭載する上級モデル「Grandioso K-1」を加えた、4台を比較試聴しました。

上図のように、K-03XsとK-01Xsは、搭載するDACと電源トランスの数が大きく異なるので、音質はそれなりの違いが出ると予想されます。しかし、K-01XsとK-1の仕様にはそれほど大きな違いがありません。では、それを試聴で確かめましょう。

 

Esoteric(エソテリック) K-03Xs メーカー希望小売 980,000円(税別) (メーカーホームページ

Esoteric(エソテリック)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

 

Esoteric(エソテリック) K-01Xs メーカー希望小売 1,600,000円(税別) (メーカーホームページ

Esoteric(エソテリック)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

 

Esoteric(エソテリック) Grandioso K-1 メーカー希望小売 2,300,000円(税別) (メーカーホームページ

Esoteric(エソテリック)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

試聴環境

アンプには、やや無機的で艶が少ないEsotericの鳴り方を「補う」ために、艶やかで透明な音質の特徴のAIRBOW PM14S1 Masterを選び、スピーカーには普段使っているBeethoven Concert Grand(T3G)よりも高性能な「Liszt」を選び、それぞれのプレーヤーの設定は「デフォルト(工場出荷時設定)」で聞き比べました。価格的にはアンプが安すぎるように感じられるかも知れませんが、低音の量感や透明感、きめ細やかさなど、聞き比べには十分な音質が出ていたように思います。

 AIRBOW PM14S1 Master 特別販売価格 309,000円(税込)

現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

 Vienna Acoustics Liszt メーカー希望小売価格 2,000,000円(ペア・税別)

現金で購入)・(カードで購入)・(中古で探す

試聴ソフト 

システムのメンテナンスにも使える、川の流れる音を収録した自然音のソフトです。人為的な好き嫌いが生じない「自然音」では、再生音の癖の少なさや、音の細やかさ、広がり感などを直感的に聞き分けられます。

リザ・フェルシュトマンさん演奏の「バッハ・無伴奏バイオリンソナタ」SACDハイブリッドソフトのCD層を聞きました。
バイオリンの音の細やかさや滑らかさ、高域の伸びやかさに加えて、表情変化の違いにも注目してみましょう。

グレース・マーヤーさんとギターデュオ演奏の「Mona Lisa」のCD層で聞き比べました。
伴奏とボーカルの息の合った感じ、ギターの響きの豊かさ、ライブならではの濃い雰囲気など、音質と共に「音楽表現力」にも注意しながら、聞き比べましょう。

グレース・マーヤーさん演奏の「Root 66」SACDハイブリッドソフトのCD/SACD層を聞き比べました。
ウッドベースの低音の量感と音階、シンバルとトランペットの金気、女性ボーカルの艶やかさ、リズムの楽しさなど、様々な要素の音が聞き比べられます。
ライブならではの「楽しさ」がどのように再現されるか、機器の持つ「雰囲気の再現力」にも注意して聞き比べましょう。

動画による音質比較(準備中) 
※動画の音声は、アンプやスピーカーを介さずに、プレーヤーの「RCA出力」から直接録音しています。

 (CD)

水の音は輪郭が少し太く、水の流れが粘っこく感じられる。
鳥の声は、はっきりしているが、鳴き声のバリエーションがこの価格帯のCDプレーヤーとしてはやや少なく、「何を伝えたいのか」が伝わらず、表情が単調になってしまう。
音は大きく広がるが、スピーカーから前に出てくる音が強く、後ろに下がる音は少し小さめで、音場は前に出てくる感じ。
温度感は、明らかに少し高め。やや大雑把な鳴り方に感じられた。
 (CD)

バイオリンの音に少しヒゲがつき、擦れる音が、強く、音が「かすれる」感じがある。

全体的にやや粉っぽく、演奏を「虫眼鏡」でクローズアップして聞いている感じがする。

100万クラスのCDプレーヤーとして、この鳴り方には不満を感じる。

(CD)

ギターは、Esotericのプレーヤーらしく、指使いがハッキリ見える鳴り方をするが、音の線が太く、響きも少し濁っている。
ボーカルは、明瞭だが、深みにかける。
しかし、細かい音は驚くほど多く聞こえ、音にならない雰囲気も出てきている。
演奏を「聞く」というよりは、演奏が「見える」ような音。
わかりやすい音だが、好き嫌いが分かれそうだ。

(CD)

低音は太く、しっかり出るが、ウッドベースの「切れ味」が甘く、音像も膨らんでしまう。
ボーカルもパッと聞いた感じでは明瞭で透明なのだが、どこかに混じり物があって、重なった後ろ側の音が聞き取りにくい。
本当の意味での「透明な感じ」とは、音の重なりの向こう側が透けて見えるように鳴るものだと思う。

シンバルの金気は出ているが、アタックの鋭さとカチッとした金属らしい密度感の再現が甘い。
トランペットも「中音」の厚みがなく、やや薄っぺらい。
形骸としての音は出ているか、演奏の中身が少し薄い感じがする。
(SACD)

ディスクの録音せいかもしれないが、高域が伸びたりずSACDらしい高音の伸びやかさが出てこないので、パッと聞く感じでは、CDとほとんど差がないように思える。けれど、じっくり聞けば、細部のディティールはより細かく出ているし、トランペットの音にも「唇のやわらかさ」が出てきているのが分かる。ウッドベースの倍音もよく伸びる。
けれど、心なしか少し「元気が無くなった」ように思うのは、気のせいではない。粒子が細かくなり、滑らかになりすぎて、JAZZらしい「ざらつき」が薄れてしまったからだ。
音は良いが、演奏の「ノリ」の再現は、CDが勝っていたように思える。

 (CD)

K-03Xsに比べて、圧倒的に空間の「見通し」が良い。音場は透明度が高く、前後方向への広がりも大きい。K-03Xsでは、足りなかった鳥の鳴き声のバリエーションもきちんと出ている。
K-03Xsで聞くこのディスクの音には納得できなかった。価格差があるから仕方ないかも知れないが、K-01Xの音には納得できる。
個人的には、価格以上のかなりの大きな違いを感じる。

 (CD)

K-03Xsでは「薄っぺら」だったバイオリンの音だが、厚みと細やかさが増して俄然本物らしくなってくる。
K-03XSで高音についている「ヒゲ」のように感じたノイズっぽい音が、K-01Xでは「プレーヤーが付け足した音」ではなく、バイオリンの弓がこすれて出てくる音だとハッキリ聞き取れる。
駒の動く音も聞こえ、K-03Xsとは全く別物の再現力。
価格にすると、数倍は違う感じがする。
(CD)

一音目から、納得できる「グレースマーヤ」の声が聞ける。
ギターも高音まですっきりと伸び、余韻の透明感が心地よい。
K-03Xsでは濁りに隠れていた、音の重なりの向こう側も透けて見えるようなった。

グーレス・マーヤさんが声を止めるところの「吐息」のような雰囲気も良く出るし、呼吸する胸の動きも見えてきた。
この音なら、高級SACDプレーヤーとして余裕で合格する。
(CD)

音の立ち上がりのスピードが、K-03Xsとは全然違っている。

K-01Xの高音は鋭く、シンバルはきちんと高音までのび、ウッドベースのキレと唸りも出てきた。
トランペットのリズム感とパワー感も、桁違いに高まっている。
欲を言えば、さらにもう少し「パワー感」が欲しいけれど、この音でも十分。
CDの再生でもSACD並みの細かく滑らかな音が出るのは、35bit DACの面目躍如と言ったところ。

(SACD)

K-03Xsで感じたように、K-01XでもSACD層の音はパワー感が削がれている。特にトランペットのパワー感が小さくなっている。
シンバルは、細くなっているが薄い。ボーカルも滑らかになったが、やはり力が足りず、プロボーカリストらしい厚みがない。

ドラムも湿ってしまった。演奏が小ぢんまりして、いただけない。

音が少し大人しくなった感じがある。CLASSICは違うだろうが、JAZZには SACDよりもCDの「粗さ(強さ)」が合うようだ。

 (CD)

高音の輪郭は、K-01Xよりも強く感じられ、鳥の声も少し耳障りだが、これは「エイジング(こなれ)」の違いかもしれない。
音の傾向は、K-01Xとほとんど同じだが、音の粒子がさらに細かくなっている。
水の流れる音は滑らかになり、鳥の鳴き声との分離も向上している。
価格程度の正常進化を感じるが、買い換えるほどではないと思う。

 (CD)

K-01Xsは、高域の輪郭(隈取り)がやや強めに出るためか、K-01Xに比べると音源が少し近い。K-01Xはほどよい距離感で「会場全体」が見えるが、K-01Xsは「バイオリニストにスポットライトを当てた」ようにステージがより近く見え、「奏者を取り巻く空気感の再現性」では、従来モデルのK-01Xに劣っているように感じられた。

バイオリンの擦れ音も少し強すぎるように感じられるし、全体的なバランス感覚は、K-01Xの方が優れていたように思う。
そのためか、演奏が心にグッと入ってくる感じは、K-01Xの方が強かったように思える。

(CD)

ギターの音が少し太くなりすぎている。また、ボーカルとギターの分離感は高いのだが、ボーカルとギタリスト二人の距離が少し遠くなったように感じられる。
質は確実に上がっているのだが、それが表現力に結びついていない感じだが、これらの問題は「こなれ(鳴らし込み不足)」のせいかも知れない。K-01Xsには、鳴らし込めばさらに良くなりそうな「気配」がある。

(CD)

K-01Xに比べて音は太いが、創出されるパワー感が弱い。ボーカルも力がなく、グレースマーヤさんの弾けるような元気さも、日野皓正さんの切れ込んで来る「トランペットのパワー感」も後退している。トランペットの弱々しさは、日野皓正さんの「年のせい」なのか?と思いたくなるほどだが、今までこのディスクを聞いて「そんな風」に感じたことはなかった。
演奏の雰囲気もちょっと「暗い」が、本来のこの曲は、もっと「熱い」イメージだと思う。
今回のアンプとスピーカーの組み合わせなら、私の好きな音は「K-01X」だ。
(SACD)

「K-01X」では、SACDよりもCDが良かった。けれど「K-01Xs」では、SACDが断然いい。これは、一音が出た瞬間にわかる。

高音がしっかりの伸びて、音に力が出てきた。もう少しパワー感や荒々しさが欲しいが、これはこれで落ち着いた大人の雰囲気だと思う。変更されたDACチップにより、この音の違いが生まれているのかもしれない。

 (CD)

一つ一つの音がしっかりして空気感が濃くなり、圧倒的にリアルな雰囲気だ。

しかし、今回組み合わせたスピーカーは相応だがアンプがちょっと弱かったせいかも知れないがが、Grandioso K-1=最上級モデルという位置付けや、価格差を考えると、もう少し大きな違いが欲しい気もする。

 (CD)

音の質が「K-01Xs」とはまるで違っている。目の前のコンサートを聴いている雰囲気がとても濃い。
音が細かく、リザ・フェルシュトマンの息遣いや、緊張感がそのまま伝わってきて、こちらまで緊張させられる。
この曲では、「 K-01Xs」と「K-01」の違いは、価格以上に大きく感じられる。
「K-01Xs」と「K-1」は、録音が良ければその違いが、より明確になるようだ。

(CD)

この曲でも、音が出た瞬間から「K-01Xs」には戻りたくなくなる。
ギターは鋭さと甘さが両立し、ボーカルはその唇の動き、息遣いまで伝わって来る。

「K-1」で「この雰囲気が出せる」のなら、なぜ「K-01Xs」でそれが出てこないのか、出せないのかが不思議に思えてくる。
価格に相応な、価格以上のリアルでそして完備な音。

この音なら、大枚をはたいても惜しくないと思える。

(CD)

音が出た瞬間、体を包む空気が揺れた。それくらい低音がよく出ているから、ベースの音は、一オクターブくらい低く感じられる。高音も伸びやかで芯があり、シンバルもびっくりするくらいリアル。

トランペットは鋭さだけではなく、柔らかさとパワー感さえ出てくる。日野輝正さんが若返り、まるで違うトランペッターが「違う楽器を吹いている」ように感じられる。
ボーカルは、伴奏からすっと抜け出てきて、驚くほど細やかで、そしてリアル。
楽器の前後関係も夏群だし、裏側が透けて見える感じも出る。この音はほぼ完全だ。

そして、私がEsoteric全体に感じる不満、演奏の「熱さ」もきちんと出てきているからたまらない。
最上級機種に、この音を持って来るとは、Esotericも罪なメーカーだ。
(SACD)

CDの音があまりにも良かったので「SACDを聞いていた」と勘違いして試聴を終了し、ソフトを取り出しそうになった。

間違いに気づいて、再生レイヤーをSACDにセットし直して聞く。曲が始まると、音がほんのわずかに細かくなり、シンバルも高域が伸び低ることが分かるが、耳をそばだてても、CDとの違いはほんのわずかでしかない。
逆に、すでに聞いた3モデルでも気になっていた、SACD再生時の「パワー感の低下」がある。
「K-01」で聞いても、このハイブリッドCDは、音質も雰囲気の出方も、明らかにCDが良かったように思う。

試聴後感想

今回は、Esotericから拝借した「K-03Xs」、「K−01Xs」に弊社に設置している「K-01X」、「 K-1」を加えた、4モデルを聞き比べてみましたが、その結果は私の予想を大きく裏切りました。

一つ目の「えっ!」は、「K-03Xs」があまりにも「K-01Xs」と大きく違ったことです。

「K-03Xs」の価格なら、他に選択肢はいくらでもありますし、価格は安くても「marantz SA10」のほうが、ずっと音が良いと思います。予算的に「K-01Xs」に手が出ないなら、迷わず「K-01Xの中古」を探します。

二つ目の「えっ!」は、一つ目よりはずっと小さいですが、「K-01Xs」と「K-01X」の違いの小ささにも驚きました。

「K-01Xs」はエイジング不足が考えられるほど「K-01Xs」との差が小さかっただけではなく、音楽的表現力では、むしろ「K-01X」の方が好ましく思えたほどでした。

もし、これが本調子の「K-01Xs」の音ならば、私は「 K-01X」を買い換えず、バージョンアップもせずそのまま使います。どうしても「お金を使いたい」のならば、Mutec MC3+ USBなどの「良質なクロックジェネレーターを追加」するでしょう。

最後の「えっ!」は、一つ目と同じくらい大きなものです。

「K-01Xs」が160万円。「Grandioso K-1」は、230万円。フロントパネルなどの「意匠」がずいぶん違う割には、価格差が小さく、使われているメカニズムやDAC、トランスの数などが「K-01Xs」と同じということで、音が本当に良いのがドキドキものだったのですが、その予想も良い意味で大きく裏切られました。

現時点でも「CDプレーヤー」のベストは、TAD「D600」だと感じていますが、多機能やデザインを考えると「Grandioso K-1」もそれに匹敵すると思います。少なくとも200万円強の価格帯では、内外ベストモデルの一つに間違いありません。

Esotericには「独特のサウンド」があります。音楽の熱さが体に伝わるTAD「D600」とは対照的な、「頭(耳)で聞かせる」その「クールな感じ」が、個人的な好みには合わないのです。しかし、「K-1」からは、音楽の魂が伝わる「熱い音」が出てきました。

K-1の持つ「熱さ」は、Esotericでは特別です。しかし、同時に「K-1」でこれほど完璧に近い音が出せるなら、「K-03XS」や「K-01Xs」の「中途半端な仕上がり」には、大きな疑問を感じます。

価格が2倍3倍違うのならともかく、私は「K-01Xs」を買うのなら、「K-1」を買う方が絶対に後悔しないと思いました。

このように、ことごとく予想が裏切られた「今回の比較試聴」ですが、ただ一つ裏切られなかったことがあります。

それは「Esotericの迷走」です。
Esotericのデジタル機器は、これまでもモデルチェンジによって「正常進化」していないような、モデル毎に完成度が大きく異なるような「音作りの不安定さを感じる」ことがあったのですが、今回もそう感じました。

今回の結果を極端に言うなら、「K-03Xsは落第」、「K-01Xsは普通」、「K-1は最優秀」とモデルによって満足度に大きな違いがあったのです。

このホームページを制作した数日後に、私がパーソナリティーを務める「Music Bird The Audio channel 逸品館 清原裕介の音楽を10倍楽しむ方法」で、Esoteric K-01Xs、N-03T、Grandioso K-1を取り上げたとき、ゲストとしてEsoteric設計責任者「加藤氏」をお招きし、音決めなどについて詳しくお伺いすることができました。

チェック用の音源には、「音源数の多い、鳴らしにくいソース」を主に用い、モニタースピーカーには、生産完了した「Esoteric MG-20」を使っていると言うことでした。MG-20は、癖が少なく品位の高いスピーカーだと思いますが、「艶の再現」よりも「音の再現」のほうが得意です。このスピーカーの持ち味を引き出すには、音を細かく聞かせることで音楽を伝えるための「解像度が高くやや分析的な音質がマッチ」するはずです。私の好みはともかくとして、Esotericの特徴である高解像なサウンドは、このモニタースピーカーとのマッチングに理由がありそうです。

そして、製品の最終音決めには「エンジニア」だけではなく、営業が参加する「会議で決める」と伺いました。AIRBOWのように一人のエンジニア(清原)が音決めをすれば、全モデルに通じる「サウンド」を生み出せます。しかし、複数の人間が音決めに参加するとそれができません。私が「迷走」と感じた、モデルによる音質の違いの大きさは、こういう理由で生まれているようです。

今回試聴したような高級機器の音質評価は、組み合わせる機器とのマッチングで「その印象」が大きく異なります。何度も買い換えを繰り返せる「余裕」があるのならともかく、ここまでの高級機・高額機の購入には、馴染みのお店に「自宅試聴」をお願いして「自宅環境で事前にじっくり聞いておけば」後悔のない買い物ができるのではと思います。

私は、marantz「SA-10」は、Esoteric、Luxman、Accuphaseの高級モデルに匹敵する音の良いCD/SACDプレーヤーだと思っています。けれど「外観デザイン」だけは、「他の高級機とマッチングが悪い」と思えるのです。個人の好き嫌いが決定を左右する趣味製品選びは、人の意見があまり参考にならずなかなか難しいと思います。近道は、悩むより見て聞くことだと思います。

2018年4月 逸品館代表 清原裕介

 

   

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2016 IPPINKAN All Rights Reserved.