どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

こちらの3つのサイトは「同じショッピングカート」を使っていますので、まとめてご注文・お問い合わせいただけます。
支払は、現金もしくは分割払いのみですが、お安くお買い物をしていただけます。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

TAD TSM-2201LR 音質 評価 試聴 価格 販売

TAD TSM-2201LR 音質 試聴 評価 テスト

国産オーディオのトップブランドTADから昨年業務用の小型スピーカーが発売された。情報入手が遅れたため音質テストが発売から約半年後になってしまったことを、まずお詫びしたい。

TSM-2201-LRを目にしたとき、業務用/TADというイメージからペアで30万は下らないと想像した。しかし、それは大きな間違いで実際には16万円(ペア・税込)の価格帯に収まっている。仕上げも美しく、外観のマニアックさからTADのオーラも濃く感じられる。

仕上げと外観は価格以上だし、もしこれでTADの音が聞けるならこの価格帯のブックシェルフ型スピーカーは「全部食われてしまう」。そう予感させるほど第一印象は良かった。

しかし、ここは冷静になって音を聞かねばならない。「これはよい、良くあって欲しい」という思い込みを避ける目的もあって、最近の試聴で気に入ったドイツ製業務用モニターのMusikelectronicのME25と聞き比べることにした。

小型業務用モニター(コンソールモニター)という同じカテゴリーの製品で、設計がドイツと日本。実にアマチュアライクな作りの良さを感じさせたMusikelectronic ME25と、どこから見ても最新技術の粋を投入して作られているのが分かるTAD TSM-2201-LR、両者は是非ともガチンコで比較したい。そこでTSM-2201-LRの試聴は、ME25試聴テストと同環境で行うことにした。

パッシブ型モニター TSM-2201LR

Musikelectronic ME25との比較。サイズはTSM-2201-LRが一回り大きい。入力端子は、どちらもシングルワイヤリング。

主な仕様の比較


ME25 TSM-2201-LR

方式

同軸型2Way バスレフ

2Way 密閉型

周波数特性

50Hz〜20kHz

50Hz〜40kHz

入力感度

85dB

86dB

クロスオーバー周波数

2.5kHz

2.3kHz

インピーダンス

ドライブユニット

ウーハー:125mm コーン
ツイーター:25mm

ウーハー:200mm
ツイーター:25mm

入力コネクター

シングルワイヤー

シングルワイヤー

推奨パワーアンプ

50W-80W

最大入力:160W

寸法(mm)

H320 X W205 X D220

H348 X W260 X D253

質量

5.5kg(1本)

7.8kg(1本)

仕上げ

バーズアイ・メイプル

つや消しブラック

メーカー希望小売価格

¥211,000/1本・税別

OPEN(生産完了)

備考

特注仕上げ可能

専用脚(丸形×4、棒形×2)付属

ムジークのご購入はこちらからどうぞ

TAD商品のご購入はこちらからどうぞ

ウォーミングアップ

今回組み合わせるアンプは、AIRBOW PM15S2/Master。癖のない自然な音だが、音楽の表現力が"濃い"のが特徴のプリメインアンプだ。

ネットワーク・プレーヤー

AIRBOW NA7004/Special

アンプ

AIRBOW PM15S2/Master

スピーカー・スタンド

Acoustic Design AD-35a

スピーカー・スタンドには、最近好んで使っているAcoustic-Design AD-35aを使った。このスタンドは本来Stirling Broadcast社のLS-3/5a専用として作られたものだが、価格が安い(メーカー希望小売価格¥75,000ペア・税別)にも関わらず仕上げが良く、さらにスタンドの底部に金色のウェイトが埋め込まれ、スタンド全体を4本のスパイクで支えられるように工夫されるなど、音質にも配慮が行き届いている。ウッディーな響きが心地よい、お薦めスピーカースタンドだ。天板の大きさはW190*D170とやや変則的だが、少しのはみ出しを我慢すればほとんどのブックシェルフ型スピーカーに使うことが出来る。このスタンドは、もっと注目されて良いと思われる商品の一つだ。

ウォーミングアップには、連続演奏が可能なAIRBOW NA7004/SpecialにiPod(iPod Touch/iPod Nano、音源はMP3/320bps)を組み合わせて行った。iPod+MP3が音源だと侮ってはいけない。このセットで聞く音楽は下手なCDを軽く上回るほど心地よいし、長時間演奏を続けなければならないウォーミングアップでは、iPodに収録した1000を優に超える楽曲を「ランダム(シャッフル)」に聞けるから、大変便利なのだ。また選曲を機械任せすることで、期待通りのソフトが演奏されることもあれば、期待を裏切られることもあり、好みによる評価の偏りも防止できる。

結局、出てくる音が気に入ってNA7004/Special+iPodをプレーヤーに丸二日TSM-2201-LRを聞いてしまった。感心させられたのは、「人の声(ボーカル)」の再現性が非常に高く声のニュアンスが非常に細やか(デリケート)に再現されることだ。以前TADのフルシステムを採用している京都・河原町のシネコンプレックスで「おくりびと」を見たとき、その暖かくヒューマンな音質に心底驚かされたのだが、TSM-2201-LRはその印象と完全に一致する。TSM-2201-LRから再現される細やかな中域のニュアンスは、これまでの国産スピーカーとは次元の異なる高いレベルに仕上がっている。

声に続いて魅力的なのが「ピアノの音」だ。グランドピアノが持つ「重さ」と「重厚な音色感」が実に見事に再現される。アタックの立ち上がりも早く、キーを叩く指使いが克明に伝わってくる。バイオリン、チェロ、コントラバスなどの弦楽器の音は、わずかに金属的だ。これはツィーターに採用されている金属振動板(ハード・ドーム・ツィーター)の影響だと思われる。詳しく後述するが、それは心地よい方向の色づけて決して不快なものではない。音の広がりは非常に優れている。

国産業務用モニター、特にこのクラスの製品は非常にライバルが多い。例を挙げたいが、TSM-2201-LR以外を貶めることになってしまうので、ここでは実名は上げない。しかし、価格をペア50万円程度にまで広げても国産品ではライバルが皆無とさえ感じるほどTSM-2201-LRの完成度は高いと私は感じる。どうしてこれほど良いスピーカーの情報が私の耳に届かなかったのだろうか?わたしの不勉強も災いしていると思うが、もっと早くこのスピーカーと出会いたかった。そう思わせる魅力がTSM-2201-LRにはある。

話は変わる。東京の「行列が出来る飲食店」に何度か言ったことがあるが、もう一度行きたいと思ったお店は皆無だ。オーディオ機器の評価も同様に感じる。あえてメーカーを特定することは避けるが、広告や露出の多いメーカーの製品は概して出来が悪いことが多い。当たり前だ。実力不足だからこそ売るために広告が必要なのだし、広告にかかるコストだけ製品は安く作られているから、価格に品質が伴わないのが当然なのだ。

オーディオも化粧品や、健康サプリメントも同じなのだろうか?TSM-2201-LRは、広告が少なく露出もない。そのために本当に良い商品なのに、まだほとんど売れていないようだ。その状況を見ていると、オーディオ業界は真剣にお客様のために良い商品を提供しようという姿勢があるのか、本当に疑わしく思う。だからこそ、逸品館はHPでの情報提供を強化し、ハイエンドショウなどに積極的に出展している。本来、それによる利益は情報提供者に還元されるべきだと思うが、実際にはお薦め商品が逸品館以外の店で売れることが少なくない。それでも、お客様の利益を考えれば、私はそれでよいと思っている。我慢ならないのは、同業者や出版社が逸品館の情報を流用しているにも関わらず、あたかも自分たちが情報提供主のような顔をしていることだ。以前はインバーター電源のアイデアをごっそりパクラれたこともある。私の話を一生懸命メモしていると思ったら、それをネタに無線と実験にインバーター電源の効用を延々と掲載したのだ。無論、著者は情報をパクった本人である。人の手柄の横取りが横行する、この業界にはモラルは存在しない。中国人のモラルは低いと言われるが、オーディオ業界のモラルはもっと低い。だから、くれぐれも安易に欺かれないよう注意して欲しいと願う。

私憤はこれくらいにして話を戻そう。私を驚かせた驚くべき中域のニュアンス再現性の高さを持つTSM-2201-LRだが、それでもその"濃さ"は、Musikelectronic ME25には及ばない。TADは「ジャスト リアル」だが、ME25は「トゥー マッチ」。ME25の中域の"濃さ"は、録音を超えて生々しい。古い録音(特にモノラル)やシンプルな録音(ライブなど)のソフトを鳴らしたら、Musikelectronic ME25に敵う小型スピーカーは存在しない。

他方、TSM-2201-LRの低域の反応の早さはME25を明らかに凌駕する。電子楽器系や新しい録音(デジタル録音)のソフトの再現性は、TSM-2201-LRがMusikelectronic ME25を上回る。全帯域の音の繋がりの良さや質感の統合性にも優れており、最高級のTADシステムを彷彿とさせる真にプロフェッショナルな仕上がりを感じさせる。

色づけの少なさ音色の調和性の高さを評価するPMCと比べるのであれば、やはりTSM-2201-LRが「ジャスト リアル」でPMCが「トゥー マッチ」だと思う。生演奏とほとんど違和感がなく、スピーカーの存在を感じさせないPMCに対し、TSM-2201-LRは「何らかの違和感」を常に感じさせる。しかし、「違和感」が見事に統合されているのでそれが不快ではない。むしろ、「スピーカーで音楽を聴いている」という安心感を抱かせる。特にもっぱらスピーカーで音楽を聴いている人に対してTSM-2201-LRは、「最高にナチュラル(違和感のない安心できる音)」に感じられるはずだ。ここでTADのホームページから、TSM-2201-LRの特徴を抜粋してみよう。

【主な特長】

1) モニタースピーカーとして最良の形状を追求した"Σ(シグマ)"テクノロジー
側板を"Σ(シグマ)"形状にすることで、スピーカー正面から側板へ回りこんでくる再生音を水平方向ではなく上下に反射させ、バランスの良い音を再現しました。また、キャビネットの剛性を高めるとともに、内部共振による定在波の発生も低減させました。

2) 低音位相の遅れを最小限にし、音像や音のバランスを保つ密閉型キャビネットを採用
一般的に、スピーカーは周波数が低くなるにつれ位相の遅れが発生しますが、本機は密閉型にしたことにより、バスレフ方式に比べ位相の遅れを軽減させています。密閉型はスピーカー内からの音漏れが発生しないため、再生環境に左右されにくく、ニアフィールドモニターとして音像の定位に最適です。

3) 左右方向の指向性と音離れを改善する振動板の凸形状「DECO*1」
ドライバーの振動板に形成された凸形状の「DECO」。1950年代にH.Olson氏が考案した指向性改善の手法をベースに新開発しました。 LF(Low Frequency)ドライバー※2では、高い周波数帯域での再生において、「DECO」が上下へ伝播する音を左右に振り分けることで、左右方向の指向性を改善するとともに、スピーカーコーン内部の音の反射を拡散することで音像の定位を向上させています。また、HF(High Frequency)ドライバー※3では、再生空間の広がりを考えて、スピーカーのウェーブガイド※4面の下部のみに「DECO」を採用しています。 

4) クリアでリニアニティに優れたスピーカーシステムを実現した「CBC」
ボイスコイルボビンの内外にコイルを配置したCBC(Center Bobbin Coil)を、LFドライバー、HFドライバー両者に搭載しました。CBCは強度と放熱性に優れ、コイルのたわみ振動によるノイズとボイスコイルの熱上昇によるコンプレッション※5を低減することで、クリアでリニアニティに優れたスピーカーシステムを実現しました。

5) LFドライバーとHFドライバーを滑らかに繋ぎ、電荷の影響軽減までも考慮したネットワーク
位相特性を含め、LFドライバーとHFドライバーの出力をネットワークで滑らかに繋いでいます。また、ユニット表面に帯電する電荷の音質への影響を軽減する回路構成としました。
コンデンサーは大型フィルムコンデンサーを採用することで、付帯音を低減。また、コイルを空芯型にして低歪化を図り、抵抗器を複数組み合わせすることにより熱や磁気の状態を安定させました。さらに、ネットワーク基板に9mm厚MDF※6と5mm厚アルミ板積層構造を採用することで、安定した再生を実現しています。

※1 Diffusion Effectual Convexity by Olson
※2 ウーファーを意味している。
※3 ツィーターを意味している。
※4 音の伝播において拡散しやすいようにスピーカーの振動板の周りに取り付けられている部品。
※5 圧縮状態。
※6 中密度繊維板。木質繊維を原料とする成型板(ファイバーボード)の一種。

1)に関しては、非常に優れた音の広がり(どこに置いても音が自然に広がる)と、低域〜中域にエンクロージャーの共鳴による色づけが発生しないことから実感できる。

2)に関しては、スピードの速い金属ツィーターに遅れない素早い低域が得られることで実感できる。通常ウーファーのサイズが16cmを超えるとウーファーの高域が濁り、ツィーターの低域との繋がりに違和感が生じるのだが、TSM-2201-LRには一切それがない。20cmという比較的大型のウーファーを搭載しているにも関わらず、ウーファーとツィーターの音色の繋がりに違和感が発生しないのは驚異的ですらある。逆に密閉型というローエンドの再生周波数帯域に不利な形式を採用しているにも関わらず、十分な低域が得られているのは20cmという比較的大口径のウーファーを採用した効果だ(カタログ上のローエンドの再生周波数帯域は、TSM-2201-LRとME25で同一だが、聴感上はME25がTSM-2201-LRを圧倒的に上回ることは付け加えておきたい)。

3)に関しては、非常に良好な音の広がりに加え、若干ホーンロードがかかったような「特別な音速の早さ」からその効果が感じ取れる。TSM-2201-LRのツィーターとウーファーは、バッフルからわずかに奥まった場所に取り付けられているが、特殊な凸型の構造がユニット周辺部からの反射を見事にコントロールし、スピーカーの音離れの良さ、抜けの良さの向上を実現していると考えられる。非常に巧妙で頭の良い設計だ。

4)に関しては、クラスを大きく超える透明感(濁りの少なさ)から実感できる。

5)に関しても、クラスを大きく超える透明感に加え、ニュアンス再現性の細やかさからその優秀さが実感できる。

すでにCDを使った本格的な試聴テストに移る前に大方の結論を出してしまったが、それは間違いではない。同時にそれは、TSM-2201-LRに大きな感銘を受けた証拠でもある。国産からこれほど素晴らしいスピーカーが生まれるとは、想像さえしていなかったし、ましてやシネコンプレックスで感じたあの「感動」がたったペア20万円にも満たないTSM-2201-LRで再現されるとは思いもしなかった。TSM-2201-LRは日本が世界に誇れる、間違いなく素晴らしいスピーカーだ。

音質テスト

最初に結論を述べてしまったが、Musikelectronic ME25と同じ環境で同じソフトをかけて「念のため」に音質をテストした。

CD/SACDプレーヤー

AIRBOW SA15S2/Master

アンプ

AIRBOW PM15S2/Master

試聴ソフト

CANTATE DOMINO

CD

PRCD 7762

このソフトのご購入はこちら

DJ KAORI'S JMIX2

CD

UMCK-1272

COMPACT JAZZ

BILLY HOLIDAY

CD

831 371-2

輸入盤

すでにTSM-2201-LRにはこれ以上ないほどの褒め言葉を捧げたので、ここではあえて褒めることはせずME25との比較でTSM-2201-LRの「粗探し」をしたいと思う。

カンターテドミノでTSM-2201-LRがME25に劣るのは、「音の広がり」と「低域の量感」だ。ME25ではリスニングルームが教会になったのでは?と思えるほど広大な音場空間とリッチな間接音の再現が実現した。リスニングルームそのものの「空気」が変わってしまったのだ。それに対しTSM-2201-LRの音場空間は小さく、スピーカーの周辺に音が広がるに留まる。もちろん、これはME25が出来過ぎなのであってTSM-2201-LRが正常(正解)だと言えるから心配はご無用だ。

価格の枠を超えコーラスの分離や再現性にも優れているが高域は少し硬く、金管楽器もわずかに強く耳障りだ。このあたりの質感演出の巧さではME25がTSM-2201-LRを凌駕する。耳で煮詰めたスピーカーと論理で仕上げたスピーカーの違いが音質の違いに出る。しかし、それはこの場合後者が前者に劣るという事ではない。

パイプオルガンの音は濁りが無く、澄み切って美しい。非常にニュートラルで正直な音を出すTSM-2201-LRだが、音楽は、明るく快活に再現する。TADらしい高精度さと有機的な温かさの「まとめ方」が見事で、ほのかに暖かくさわやかなその音を聞いていると心が軽くなる。この音ならオーディオファンも音楽ファンも納得させられるだろう。

一音が出た瞬間にME25との勝負は付いた。圧倒的な音速の早さ、圧倒的な高域のパワー感(芯の強さ)は、最新のマテリアルと最新の技術の粋を投入したTSM-2201-LRが圧勝だ。高域の強いエネルギーに中域の厚みと押し出し感が負けていない。これほど瞬発力があって抜群の切れ味を持つにも関わらず、エネルギーバランスが高域に偏らないのが素晴らしい。

シンセサイザーが生み出す独特のシャープな高域の鮮烈さが、ボーカルを妨げない。伴奏とボーカルが全く混じらず見事に分離し、伴奏は伴奏のボーカルはボーカルのニュアンスがきちんと再現される。あらゆる音が混濁しない分解能の高さは快感ですらある。

唯一残念なのは、低域の量感とエネルギー感がこの素晴らしい中〜高域に追いつかないことだが、スピーカーのサイズと密閉型という方式を考えればあきらめるしかないだろう。ROCKやPOPSを聞く場合には、レスポンスに優れるサブウーファーの助けがあれば完璧だ。

すでに掛けた2枚のソフトで中域温かさと厚み、ニュアンス再現の豊かさが分かったので、このソフトが上手く鳴るとある程度予想はしていた。しかし、実際の音はその予想を軽く超えた。もちろんME25の良い意味で過剰すぎるリアリティーには追いつかないが、モノラルで録音レンジのさほど広くないこのソフトをTSM-2201-LRは見事なまでのワイドレンジと高解像度で再現する。それでいながら現代的に無機質でメタリックな音にならないのが凄い。

ビリー・ホリデイの独特な声と、節回しの巧みさ。彼女にしか出せない、デリケートなニュアンスが実に見事に再現される。ミュートされたトランペットの音も実にそれらしく、ミュート(トランペットの消音器)の共振まできちんと再現される。ギターのテンションも上手く再現され、ピアノからも奏者のタッチが実に鮮やかに感じ取れる。元々低域があまり入っていない、このようなモノラルソースでは低域の再現性が不足することもなく、まるでレコードを聴いているかのように、とても心地よく音楽に浸ることが出来た。

総合評価

TSM-2201-LRは、間違いなく世界に誇れるスピーカーである。しかも、その価格は驚くほど安い。高価な製品が珍重されるのはオーディオの常であるが、近年に発売された100万円を大きく超える国産小型スピーカーの値付けに至っては、まったく冷静さを欠いているとしか思えない。そのスピーカーは確かに「悪い音」ではなく、音楽を心地よくリアルに再現する「スピーカーの一つ」であることに異論はない。まして初めての製品であれば、その技術力を褒めてあげたい。しかし、世界中の多くのスピーカーを聞いた経験があれば、即座に「その価格」に疑問を感じるはずだ。もちろん、オーディオのような趣味製品の価格の尺度は購入者が個人的に決めるものであり、外野がどうこう言う種類のものではないと常に論じているが、それでもあまりに度を超した「値付け」は見識者としてこれはどうかと思うことが少なくない。

それはともかく、TSM-2201-LRの音質と投入された目に見えないノウハウを含めた「すごさ」を考えれば、このスピーカーは「明らかに安すぎる=価格以上の価値を持つ」製品だとお解り頂けるだろう。TSM-2201-LRの完成度は多くのオーディオマニアの想像を大きく超えている。逆にその隙のなさ故に「面白くない」と感じる方もいらっしゃるかも知れない。むしろそれは当然の意見であると思うし、実際にそうかも知れないと思う。しかし、この価格でこれほど「隙」の無いスピーカーを作れと言われて、それが実現できるオーディオメーカーは、世界広といえどもTAD以外には存在しない。この音からは長いスピーカー作りの歴史と、卓越した製造技術の高さが感じられる。そしてその両方を持っているメーカーを、TAD以外は私は知らない。

飛び抜けてインテリジェンスが高く、完成度の高いモニタースピーカー。それがTSM-2201-LRに下した私の評価である。これは久しぶりに感銘を受けた、心からの尊敬に値する製品だ。

2011年 3月 逸品館代表 清原 裕介 

逸品館ホームページへ

1号館

本店:商品展示、販売全般、下取・買取 10:30-19:30(定休日なし/臨時休業除く) 06-6644-9101

2号館

中古品展示場:中古品掘り出し物の展示

3号館

高級オーディオ試聴室:高級オーディオの試聴、ご相談 11:00-18:00(定休日:毎週水曜・木曜) 06-6636-2917

逸品館へのお問い合わせは、電話でOKです!
ほとんどのインターネットショップが連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売”から始まったお店ですから、「直接のご連絡を大歓迎」しています。アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。 (株)逸品館

逸品館が運営する、5つのショッピングサイトのご案内はこちらからどうぞ!

このページは、大阪のオーディオ専門店逸品館が製作しています。ページに表示される記事内容は逸品館の見解を示していますが、必ずしもそれが正しいとは限りません。また、ページの情報により生じる利害や問題につきましてはいかなる責任も取りかねますので予めご了承くださいませ。ページへのリンクは大歓迎ですが、誤解を避けるためコンテンツの一部引用やコピーは、お控えくださるようお願いいたします。 

TOPに戻る 逸品館の場所・アクセス お問い合わせ 通販法による表記 返品特約 アフターサービス

Copyright © 2015 IPPINKAN All Rights Reserved. メインサイト