オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

 

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

 

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

Wharfedale Diamond 12.1 12.3,b&w 705s2 702s2,airbow cd6007 pm6007 live marantz hd-amp1 special 比較 試聴 評判 レビュー 音質 評価

LEAK Stereo 130/CDT、AIRBOW CD6007/PM6007 Live HD-AMP1 Special

Wharfedale Diamond 12.1/12.3、B&W 705/702S2、AET スパイクベース HS-3046C 聞き比べ

 ”LEAK” Stereo 130、CDTOBERON 9

  

 ”AIRBOW” CD/PM6007 Live

  

 ”Wharfedale” Diamond 12.1/12.3

  

 ”B&W” 705/702 S2

606/607 S2/AEの評価はこちらからご覧いただけます。

  

 ”AET” HS-3046C、TSD-HR/AC 1.8m

  

「LEAK(リーク)」。かなりのオーディオマニアでもこのメーカーの名前を知る人は、多くないと思います。ハロルド・リークがイギリスに立ち上げたオーディオメーカー「LEAK」は、QUADと同様な小型のコンポーネントをより低価格で発売していました。

久しく途絶えていたこの小さなブランドは、QUADの親会社である中国最大級のHiFiメーカー、「IAG」がこのブランドを買い取ったことにより復活しました。

LEAK Stereo 130       メーカー希望小売 168,000円(税別)

美しいウッドケースに収められたプリメインアンプ「Stereo 130」は、最新のESS製32bitDACチップ「Sabre32 ES9018K2M」を搭載し、USB入力では最大PCM:384kHz/32bit DSD/11.2MHz(×256)、さらにPCM 192kHz/24bitまで入力可能なRCA同軸×1/TOS光×2のデジタル入力、aptXおよびAACコーデックに対応するBluetooth入力も備わるDAC内蔵アンプです。

アナログ入力は、MMに対応するフォノ入力×1、RCAライン入力×2が備わり、出力は、標準ステレオジャック/ヘッドホン出力が1系統に同軸/光それぞれ1系統のデジタル出力が装備されていますが、この内容は2020年の発売後大人気の同サイズプリメインアンプ「QUAD Vena2」とほとんど共通です。写真の背面端子の配列からもわかるように、好評はされていませんがLEAKとQUADはプラットフォームを採用する兄弟モデルに違いありません。出力は、AB級45W(8Ω)です。

Vena2との違いは主にデザインですが、Stereo130には、Vena2に備わらない「トーンコントロール(Treble/Bass)」が装備されています。

また、QUADには用意されない「デジタル出力のみのCDプレーヤー(トランスポーター) CDT」も同時に発売されました。

QUADよりもレトロな外観を纏うLEAKですが、その見かけとは裏腹にVena2よりも高低の両端がやや伸びた、メリハリの強いフレッシュな音質に仕上げられていました。

LEAK CDT       メーカー希望小売 128,000円(税別)

Stereo 130とセットになるCDプレーヤー「Leak CDT」は、スロットローディング式のメカニズムを搭載するデジタル出力のみのスタイリッシュなCDトランスポーターです。

ジッターを最小限に抑えるため,このクラスでは珍しい「温度補償された水晶発振子」が採用されています。

前面に取り付けられたソケットにFAT形式のUSBストレージ(USBメモリー)を装着することで、書き込まれたWMA、MP3、WAV、およびAACファイルを再生できますが、 FLACには対応せず、サンプリング周波数も44.1/48kHzに限られます。

LEAK 製品の購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

AIRBOW PM6007 Live  販売価格  125,000円(税別)

"Liveの名前通り「開放的で楽しいサウンド」に仕上げられた、marantz PM6007のAIRBOWカスタムモデル。

メイン電源平滑コンデンサーの容量を数倍以上にアップするなどの効果で中低音の充実感が、カップリングーコンデンサーの全数交換で中高音の細やかさと広がり感が大幅に向上しています。
最大PCM 192kHz/24bitに対応する同軸×1・光×2のデジタル入力回路も徹底的な高音質化が行われ、TVやBDレコーダーなどの光デジタル出力と接続するだけで、驚くほど細やかなHiFi音質が楽しめます。

今回のテストでは、意外なことにCD6007 Liveと"アナログ"ではなく"デジタル接続"でよりよい音質を発揮しました。

AIRBOW CD6007 Live  販売価格  110,000円(税別)

PM6007 Liveと同様のテイストでまとめられたmarantz CD6007のAIRBOWカスタムモデル。
marantz伝統のHDAM回路を搭載する"アナログ出力"のフルチューンにより、上級モデルを超えるほど素晴らしいアナログ出力を実現しているだけではなく、CD専用メカニズムのチューンナップによりデジタル出力も、すでに伝説となった、Philipsの「CDMシリーズ」のメカニズムを搭載する高額な名器と比べても決して引けを取らないほどに向上しています。

もし、DACの音が悪い!と思われたら、DACの買い換え前にCD6007 Liveをトランスポーターとして組み合わせてみて下さい。想像を大きく超える音質に驚かれると確信します。

AIRBOW(エアボウ)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

Wharfedale Diamond 12.1       メーカー希望小売 68,000円(ペア・税別)

Wharfedale Diamond 12.3       メーカー希望小売 158,000円(ペア・税別)

国産ハイエンドオーディオメーカー、Luxmanをはじめとし、QUAD、LEAK、Audiolab,Electroacoustics, Mission, Tag McLaren, Castle Acoustics,など多くのメーカーを傘下に収めるIAGグループが所有する「Wharfedale(ワーフデール)」は、世界で始めてスピーカーを量産したイギリスの名門メーカーです。

Wharfedaleの主軸でありこの価格帯のベストセラー「DALI」と双璧をなす、Diamond シリーズが、11から12へと進化しました。

還暦を過ぎたオーディオマニアなら誰もが知っているWharfedaleは、そもそも「コストパフォーマンスが抜群」の小型〜中型スピーカーを得意とするメーカーでしたが、Diamond シリーズもその伝統に沿ってユニット、キャビネット、ネットワークに至るまですべてオリジナル設計で生産され、同価格帯のDALIと比べて透明感が高く音質もさらに細やかで中低域の透明感も高く、さすがその歴史に恥じない仕上がりだと感じています。

逸品館では、大人気で大変よく売れている Wharfedale Diamond シリーズですが、今回は新製品からDiamond 12.1と12.3を試聴しました。

25mm口径のポリエステル素材のテキスタイルドーム型振動板を採用するツィーターは、スムースに高音が拡散するように設計されたウェーブガイドが備わります。さらに、バッフルの響きで高音が濁らないように複数のプレートが組み合わされた制振構造が採用されています。

100/130/150mmの3サイズで構成される中低音ユニットには、軽さと強度を両立するために彼らが「Klarityコーン」と呼ぶ、ポリプロピレンとマイカ(雲母)のハイブリッド振動板が使われています。磁気回路には強力なネオジウムマグネットが使われ、ボイスコイルにもエポキシ樹脂を含浸させたグラスファイバー製の強固なボビンが採用されるなど、このクラスで比類なきパワーアハンドリングと正確なストロークを実現します。

シリーズは、全6モデルで構成されます。 ※価格はペア

48,000円(詳細はこちら 68,000円(詳細はこちら 88,000円(詳細はこちら
158,000円(詳細はこちら 198,000円(詳細はこちら 48,000円(詳細はこちら

Wharfedale(ワーフェデール)製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

B&W 705S2 メーカー希望小売 336,000円(ピアノブラック・ペア・税別)320,000円(その他の仕上げ・ペア・税別)

専用スタンド FS-700S2 68,000円(ペア)

B&W 702S2  メーカー希望小売 315,000円(ピアノブラック・1台・税別)300,000円(その他の仕上げ・1台・税別)

B&Wの上級モデルはダイアモンド振動板にこだわりすぎたためか、中低域とツィーターの音色の繋がりに不満を感じます。シリーズを重ねるごとに問題点は改善されていますが、最新モデルでもまだ僅かに高域のメリハリが強すぎると思います。

B&Wが「カーボンツィーター」と呼ぶ、アルミニウムの表面にカーボンを薄くコーティングした700シリーズのツィーターは、B&Wらしい明瞭度と高解像を備えながら、ダイヤモンド振動板よりも音質が滑らかで艶もあります。

先に試聴した705/702 S2 Signatureが、過去すべてのB&Wでベストと感じるほどの素晴らしい仕上がりだった上に、標準モデルと価格差がほとんどなく、はたして標準モデルが売れるのかどうか気をもんでいました。

そこでmarantzに試聴機をリクエストして、改めて標準の705/702 S2を聞いたのですが、その音質がほとんどSignatureモデルと変わらないことに安心しました。それどころか、試聴機のエイジングが進んでいたためか、先日聞いたSignatureモデルよりも繋がりのよい、より自然な音質に心がグラッときました。

B&W モニタースピーカー ご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

AET 電源ケーブル TSD-HR/AC 1.8m メーカー希望小売 84,000円(1.8m・税別)

好評発売中のTSDシリーズの上級モデル。音響チューニング素子のグレードアップと、AET最上級電源ケーブルEvidence シリーズ(生産完了)と同等の電磁波シールド能力の高い金属ボディーを採用したAETハイエンドACプラグの採用で、さらに細やかで音楽性の高い音質を実現しています。

AET スパイク受け HS-3046C   メーカー希望小売 8,400円(4個・税別)

※同じデザインのスパイクが近日発売されます。

AET スパイク HS-M838HC   メーカー希望小売 12,000円(4個・税別)

超強強度の炭素鋼(鋼)をNC加工で削り出した「スパイクベース」と「直径8mmの中空構造採用スパイク」です。同じ種類の他メーカ品と比べ、見かけが素っ気ないわりに高価格に感じられるかも知れませんが、それは日本生産だからこそ可能になる、素材の強度と加工精度が桁違いだからです。

今回は、スパイクとスパイクベースの両方をテストしたかったのですが、B&Wの純正スパイクと直径が違うためスパイクベースのみの試聴となりました。それでも驚くべきハイスピード感と高密度感が実現したのには驚きました。

さすが、こだわりのAET!

ひと味もふた味も違います。

aet オーディオアクセサリー製品のご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

音質評価(YouTube 逸品館情報チャンネル)

1.製品のご紹介と試聴の概要

2.Wharfedale Diamond 12.1とLEAK Stereo 130/CDTの組み合わせを聞く

3.Wharfedale Diamond 12.3による、LEAK Stereo130/CDTとAIRBOW CD/PM6007 Live の聞き比べ

4.Wharfedale Diamond 12.1による、AIRBOW 6007 LiveとHD-AMP1 Specialの聞き比べ

5.B&W 705S2とAIRBOW HD-AMP1 Specialの試聴と、AET電源ケーブル TSD-HR/ACの試聴

6.B&W 702S2とAIRBOW HD-AMP1 Specialの試聴と、様々な電源ケーブルの聞き比べ

7.B&W 702S2とAIRBOW HD-AMP1 Specialの試聴と、AET スパイク受けの試聴

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2019 IPPINKAN All Rights Reserved.