オーディオ逸品館 情報サイト
ippinkan.com

■各種コンテンツ

最新テストレポート

動画情報

逸品館ブログ

AIRBOWオフィシャルサイト

 

■サービス・キャンペーン

キャッシュバックキャンペーンリンク

ゼロ金利

■逸品館運営・外部ショップ

オーディオ逸品館楽天市場店

オーディオ逸品館 Yahoo!店

オーディオ逸品館Amazon店

オーディオ逸品館ヤフオク店

■Twitter・Facebook

逸品館公式twitter

逸品館公式Facebook

■試聴機レンタルサービス

試聴機レンタルサービス

airbow試聴機貸出

■オーディオ逸品館 MI事業部
 オフィシャルサイト

Peavey.jp

mi事業部オフィシャルHP

買取り

パーフェクト
下取り交換
システム

各種ご案内

展示機リスト

会社概要

お問い合わせ

特定商取引法に関する記載

個人情報保護ポリシー

どんなお店? 逸品館の場所 お支払と送料 アフターサービス 返品について 通販法の表記 個人情報取扱

逸品館は、年中無休(特定日を除く)です。 常時、専門スタッフが在社しご注文もサポートもお客様をお待たせしません。 お急ぎの時こそ、逸品館にお任せ下さい。 午後3時までの代引ご注文は、翌日配達(遠隔地を除く)で承ります。

 ☆商品販売価格欄「¥お返事いたします」の記載は、「掲載できないほど安い!」かも? どしどしお問い合わせ下さいませ!

商品検索はこちらから→

    WWWを検索   サイト内を検索

製品試聴テストレポート掲載中! 逸品館.com お探しのものがすぐ見つかります。 逸品館.JP 掘り出し物が見つかるかも! 中古コーナー

ワンクリックのカード決済、e.逸品館

3つのサイトは「ショッピングカートシステムを共用」しています。まとめて「ご注文・お問い合わせ」いただけます。
現金もしくは分割払いの支払のみですが、一番お安くお買い物をしていただけるサイトです。

ワンクリックで注文できます。
※価格やサービスが異なります。

平素より逸品館Webサイトをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
様々な情報のご提供を続けるために、逸品館のご利用をよろしくお願い申し上げます。

polk Monitor XT90(MXT90)、XT60(MXT60)、XT35(MXT35)、XT90(MXT90)、XT12(MXT12)
DENON AVR-X1700H による超高音質サラウンドのご紹介

 ”polk audio” Montor XTシリーズ サラウンド

  

polk audio ポークスピーカー ご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

 ”DENON”  AVR-X1700H

DENON AVアンプのご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

大型テレビもプロジェクターも安くなりました。

サラウンド音響システムも安くなってきました。

今回ご紹介する、polk Monitor XTシリーズ(MXT70/MXT60/MXT90/MXT35/MXT12)とDENON AVR-X1700Hの組み合わせなら、システム合計でも「約35万円」。

本当にこんな「安く!」て大画面にマッチする「良い音」が聞けるのか?

大丈夫です!!

動画の「証拠」を添えて、逸品館が太鼓判を押しておすすめします。

まず、polkのスピーカーですが、すでにご紹介した「Reserve(Reserve)」や「Signature Elite(ES)」と共に、このMontor XT(MXT)シリーズも素晴らしい音質に仕上がっています。

スピーカーは、逸品館一推しの「バリュー製品」。polk 一番廉価なシリーズを使っています。

フロントスピーカー : polk MXT70 メーカー希望小売価格 45,000円(1台、税別)

センタースピーカー : polk MXT35 メーカー希望小売価格 35,000円(1台、税別)

リアスピーカー          : polk MXT60 メーカー希望小売価格 30,000円(1台、税別)

イネーブルスピーカー : polk MXT90 メーカー希望小売価格 25,000円(ペア、税別)

サブウーファー    : polk MXT12 メーカー希望小売価格 45,000円(ペア、税別)

polk audio ポークスピーカー ご購入お問い合わせは、経験豊富な逸品館におまかせください。

現金払い・お問い合わせ カード払い・ワンクリック注文 中古品を探す

さらにもう一つの音質の決め手AVアンプは、DENON SX1 Limitedの音決めを行った「山内慎一氏」が、設計段階から参加し、細かなパーツの選択だけではなく、パワートランジスターまで専用品で統一するなど、この価格では考えられないほど念入りな作り込みがされています。

山内慎一氏に"AVR-X1700H"の音質の決め手についてインタビューしましたが、AVアンプという枠ではなく「ピュアオーディオと同等の音質や表現力を目指した」とのお答えが得られました。例えば、「スピーカーの存在を感じさせない繋がりの良い音」、「細やかな音の表情の変化の再現」など、これは今まで逸品館が「AIRBOW」のAVアンプで目指してきたこととまったく同じです。

実際に聞いたAVR-X1700Hの音質も、この価格でこんな素晴らしい音が出せるんだ!と驚かされました。

DENON  AVR-X1700H 販売価格 オープン (現金で購入)・ (カードで購入

ホームシアタ−「セッティング」のポイント

・ルームアコースティックと遮光

時々「インストーラー」の手によって美しくまとめられた「ホームシアター」を見ることがあります。けれど、見た目は良くても「質は不十分だろう」という気がします。理由は「リビングの居心地の良さ」と「シアタールームに求められる特質」が正反対だからです。例えば、映画館の壁が「白い」ものであれば、画像は綺麗に写ると思いますか?答えは「No」です。

白い壁や天井を使うとプロジェクターから投影(TVの画面)」された出た光が壁や天井あるいは床で反射して、それがスクリーン(画面)に戻り(照らし)画面の「黒」が浮いてしまいます。そのため、ホームシアターの壁や天井は、光を反射しないような色(例えば黒)が理想です。けれど、天井や壁が黒いと、部屋のイメージが暗くなって、居心地が悪くなります。

音も同じです。スピーカーから出た音が壁や天井で反射すると、濁った響きが発生し、音の広がりや音像のフォーカスが低下します。コンサートホールが楽器の音を綺麗に反射できるように設計されますが、その音をサラウンドで再生する「シアタールーム」では、「作られた反射」が再生されるので、それをさらに余計に反射させないように、壁や天井、床を音を反射しにくくすることが大切です。

以上の点を考慮した場合、特別に外観にこだわるのでなければ「専用の部屋」を作るよりも、既存のリビングに「遮光カーテン(光を通さず、光を反射しないカーテン)」を取り付ける方が、映像も音も良い環境が作り出せます。普段はカーテンを開けておいて、より良い画質音質を望むときだけカーテンを閉めれば良いのです。床からの反射を防ぐために、スピーカーの前の床に毛足の長い絨毯や、ムートンを敷くのも効果的です。

 

カーテンの施工が難しい場合には、AIRBOWのルームアコースティックアクセサリー「もや取り君」をお薦めします。この製品は、小型軽量で最大の効果を発揮しつつ「低価格を実現する」ために、私が長年研究を重ねた上で生み出した、画期的な音響チューニング材です。部屋の外観を大きく損ねることなく、大型で高価な吸音材を超える効果を発揮します。

この製品の最も大きなポイントは「吸音材に音を通すための穴」を開けていることです。サイズと形状、場所を研究して決定されたこの「穴」から吸音材の背後に回り込んだ音は、「打ち消し合い(サイレンサー)」効果により消したい周波数が効果的に低減され、サイズを超えた大きな効果を発揮します(意匠登録済み)。また素材が軽いので、付属のピンで壁や天井に簡単に取り付けられ、取り外しも簡単なので賃貸物件でもご使用いただけると思います。

プレミアムは、表面に反射体(厚紙)を貼り付け、反射と吸音を両立させたピュアオーディオ(ステレオ)向きの製品です。ピュアは、形状と表面反射を見直すことで、吸音効果を維持しながら価格を抑えたモデルです。三角形状のスマイルは、部屋のコーナー部や、壁面(天井)にすこし浮かした状態で取り付けることで、従来の同サイズの吸音材の数倍の効果が期待できます。

いずれの吸音材もAIRBOWらしく、できるだけ低価格で作っていますが、効果は抜群です。

もや取り君 プレミアム(白) もや取り君 プレミアム(黒) もや取り君 ピュア もや取り君 スマイル
22,500円(4枚/税別) 22,500円(4枚/税別) 14,000円(5枚/税別) 16,800円(6枚/税別)
詳細説明 詳細説明 詳細説明 詳細説明

もや取り君「プレミアム」・「ピュア」の使い方

 (ピュアは5枚入り)

もや取り君「スマイル」の使い方

 

※ルームアコースティアックについてさらに詳しくは、こちらのページをご覧下さい。

・スピーカーの配置

スピーカーの配置「高さ」と「壁から離す」ことが重要なポイントです。センタースピーカーは、可能な限り画面中央の高さ合わせたいのですが、サウンド透過型のスクリーンでないと無理です。けれど画像が4Kや8Kになると、サウンド透過型スクリーンの「生地の荒さ」が画質の問題になってきます。かといって、天井や床にセンタースピーカーを取り付けるのは止めるべきです。

できるだけ画面に近いところにセンタースピーカーを設置する

アトモスなどのスピーカーを壁や天井に埋め込むのもあまり良くありません。センタースピーカーを天井や床に設置した場合と共通する問題点は、「スピーカーと平面を繋げる」とその平面が「仮想バッフル」として働き、音が濁り音像が肥大する原因になるためです。スピーカーと壁や天井の間に僅か数pの隙間を空けるだけで、この問題は回避できます。天井にスピーカーを取り付ける場合には、できれば「アーム」で天井から離れているモデルをお選び下さい。無理な場合は、ユニットがむき出しになっているものではなく、きちんとしたボックスに入っている製品をお選び下さい。同様な理由で、フロントスピーカーを壁に作ったボックスに埋め込むのも悪い方法です。どうしてもそうしたい場合には、音質は期待できないのであまり高価なスピーカーを使ってもその能力は発揮できないとお考え下さい。

動画でスピーカー配置のポイントを詳しく説明しています。

・センタースピーカーの選び方

ほとんどのメーカーは、ツィーターが中央にウーファーをその左右に配置した「横型」のセンタースピーカーをラインナップしています。それが「絶対にダメ」というわけではありませんが、ウーファーが1つの小型密閉型スピーカーが「理想」です。

その理由と、一般的なセンタースピーカーとの音の違いを比較した動画をご用意しました。

センタースピーカー選択・実演動画

サラウンドのセッティングについて、さらに詳しくはこちらのページをご覧下さい。

納得の 画質・音質 を実現する! 「失敗しない、ホームシアターの作り方」

サラウンドに挑戦しよう

1. サラウンドはこんなに素晴らしい

2. 2chをサラウンドに進化させる方法

3. サラウンドスピーカーの最適な設置場所

納得できる、シアター作り

1. ホームシアターの実現に向けて

2. ホームシアターを自分で設計しよう

3. スクリーンによる画質の違いを確認しよう

4. 最適なスクリーンサイズを見つけよう

2022年2月 逸品館代表 清原 裕介

 

個人情報取り扱い] ・ [通販法による表記] ・ ブログ] ・ [FaceBook] ・ [YouTube] ・ [AIRBOW] 

電話での問い合わせ大歓迎
インターネットショップの多くは連絡方法を「メール」に限っていますが、逸品館は“店頭販売をする専門店”です。
アドバイスが必要な「品物選び」は、メールよりも迅速・確実で「生の声」・「スタッフの雰囲気」を感じられる
「お電話でのお問い合わせ」をどしどしご利用下さい。

お問い合わせ先・営業時間

1号館・午前10:30〜午後7:30 (定休日なし:年末年始及びお盆、臨時休業を除く)
住所 ・〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-7-28 常盤ビル1F
電話 ・ 06-6644-9101(代表)  fax ・ 06-6644-6990

3号館・午前11:00〜午後6:00 (定休日:毎週水曜・木曜、平日はなるべくご予約下さい)
住所 ・〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-18-25 アリタビル6F
電話 ・ 06-6636-2917(代表)  fax ・ 06-6636-2916

メールでのお問い合わせ

※ページに掲載されている製品の情報は変更されておらず、最新の価格と異なったり、生産が完了している場合がございます。
  在庫や価格などの最新情報は、画像をクリックして開くWebショップより、確認をお願い申し上げます。

【逸品館web ショップ】


オーディオ逸品館.cojpリンクボタン  オーディオ逸品館jpリンクボタン  e.オーディオ逸品館リンクボタン

楽天オーディオ逸品館リンクボタン  Yahooオーディオ逸品館リンクボタン  AIRBOWリンクボタン

(株)逸品館 TEL06-6644-9101 営業時間 10:30-19:30/年中無休 – Copyright © 2019 IPPINKAN All Rights Reserved.